新人教育は大変だ

どの職業でも新人教育は難しいもんです。私も経験がありますが、初期教育が上手くいかないと、その新人の将来に関わってきたりしますから、結構悩みどころでもあります。まあ、社会人としての部分もありますが、業務スキルに関しても本質をキッチリ仕込んでいかないと後々現場で苦労しますからね。

いわゆる専門職の方の新人教育。ましてやそれが他人様に関わることとなると余計に慎重にしなければならなくなります。

私の友人で看護師をやっている子がいますが、この子の話を聞くたびにそう思うのです。彼女たちの仕事ってのは人体そのものに関わりますから。しかも理論のみではなく、実際のスキルも必要になります。だからといってじっくり育つのを待つのもなかなか難しいでしょうから、その辺りのバランスが難しいと思います。それに看護技術は経験を積まないことにはどうしようもない。教育する側もされる側も、かなり責任が大きいのです。

具体的な中身は聞いてもよくわかりませんでしたけど、ヒヤリハット!は日常茶飯事。どんな小さなことでも、ハッとしたことは上長に報告しなくてはいけません。そのぐらい看護や介護などの他人様に関わる仕事の教育は大変で、真剣なのです。

また、注意しても、その後のフォローをしっかり重ねれば自信につながるし、先輩後輩の信頼も増していくものです。